tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

すごいぞ一日券!広電の電車一日乗車券(一日フリーパス)を使用した。

 

f:id:jijikokkoku:20170928140022j:plain

 

広島市内を移動する際に良く使用するのが広電(広島電鉄)の市内電車(路面電車)です。市内電車は2017年の8月1日に値上げをされて大人160円→180円、子供80円→90円均一になりましたです(宮島線を除く)

ですが・・・。

 

「一日乗車券がお得!」

この電車一日乗車券(1日フリーパス)を使用すると広電電車全線が乗り放題になるのです。

 

しかもこの電車一日乗車券は1枚で大人600円、子供300円で依然と変わらず値段は据え置きです。

そう、さらにお得になったのです!

4回乗れば元がとれます!

4回以上乗るのであれば絶対に買うべき!

そして初心者は特に買うべき!

 

なぜ初心者は買うべきかというと、電車を降りるときも、まごまご(◎_◎;)、ドキドキ(。´・ω・)、することもなくこのフリーパスをひらりと車掌さんにクワっとハッキリ見せるだけでまことにスマートに降りる事ができるのです!

 

市内電車は乗ればわかりますが、結構込み合う上に揺れるのです!

そして、停車駅の間隔が短く、車両は連結になっていたりして油断すると結構降りるのに難儀することがあるのです。

観光客の方々も結構いっぱいいますので、テンパるといろいろと大変なのです。

まあ、降り過ごしても歩きゃあいいんですけどね。

 

そして、このフリーパス持っているというだけで!

 

乗るときだって心配は何もありません。

何も考えずに乗ればよいのです。電子マネーでピッとする必要もなければ、整理券をとる必要もないし、小銭を気にして人込みをかき分けて揺れに耐えながら両替機でワタワタチャリチャリする必要もないのです。

 

ん?

電子マネーが使えないのかですって?

広電のPASPYを持っていればピッとして乗ることも可能ですよ?

10%割り引きつきます。

 

ん?他社のカードですか?

ICOCAは使えますよ。

 

え?

スイカ?

あはは、ここで食べるんw

と、なりますので悪しからず。

首都圏でブイブイいわせよるスイカはここでは子リスのように無力ですのでっ!

 

今回はそんな市内電車を利用するうえで使うとまことに便利でお得な電車一日乗車券(大人600円、小児300円)を使用する機会があったのでそれについて記したいと思います。

 

まずこれ、どこで手に入れるかというと、大方の旅行者は広島駅の市内電車乗り場(広島駅南口を出て、路面電車が停車しているところの事務所窓口)で手に入れることになります。

ちなみに、電車の車内で運転手さんから買うこともできます。

※売切れていることもあるらしいのでそこは注意。

 

他にもいろいろなところで手に入れられます。

詳しくは広電のホームページで確認できます。

※ホーム→乗車券・定期券→お得な乗車券→フリーパス販売窓口

 

んで、これがその現物の写真です。

電車一日乗車券 電車パス 1日フリーパス

んで、中を開くとこんな感じ↓

電車一日乗車券 電車パス 1日フリーパス

写真だとわかりませんが、これ、年月日のところがスクラッチになっています。

このスクラッチをカリカリするのですが、乗る日の日付をカリカリと削るのです。

 

緊張するのはこの時だけです。

削るところを間違えると悲しいことになりますので、そこは指差し呼称でもしながら間違いなくやると安心でしょう。

 

あ、一応払い戻しについても記しておきます。

未使用のものであれば払い戻しをすることは可能です。

ただし、払い戻し手数料として200円がかかります。

 

また、払い戻しをするには払い戻し可能窓口で対応してもらうしかありません。

払い戻しが可能な窓口は以下の7箇所になります。

1:広島駅営業センター

2:紙屋町定期券窓口

3:千田定期券窓口

4:西広島定期券窓口

5:五日市定期券窓口

6:楽々園定期券窓口

7:横川営業センター

以上です。

 

「一日乗車乗船券もある!」

あ、あともう一つ紹介しておきたいのが、一日乗車乗船券です。

こちらは、今ご紹介した一日乗車券の乗船券付きのものになります。

金額は840円、子供420円です。

 

宮島にも行くのであれば、こちらは必須のフリーパスになります。

広電電車前線+宮島松大汽船(宮島口~宮島航路)が適用されて非常にお得です。

宮島までの往復で宮島口から普通に乗船すると大人360円、子供180円ですから。

 

さらに広島からの市内電車の連絡で宮島口まで来るとすれば片道大人280円、子供140円ですから往復すると大人560円、子供280円になります。

この時点で普通に宮島へ往復するだけでも元が取れます!

 

が、更にこのフリーパスを持っていると、宮島のロープウェイが特別価格で乗れるのです!

通常のロープウェイ往復券大人1800円→1350円、子供900円→700円となり、お得になるのです!

宮島に行ったらロープウェイに乗らない手はないのでこちらもうれしい特典ですね!

 

更にさらに、宮島ロープウエイを特別割引運賃で利用した方には宮島口もみじ本陣でうれしいサービスがもらえます!

宮島口ロープウェイで一日乗車乗船券の引換券チェック欄に専用のスタンプを押印してもらい、その引換券を、宮島口もみじ本陣の1階案内所へ提出すると・・・なんと「もみじ饅頭(3個入り)」と「もみじ本陣 売店割引券」がもらえます!

 

ちなみに、風雨が厳しくて残念ながらモノレールに乗れなかった方でもなんと!

もらえるそうです!

その際のチェック欄は空欄でも構わないとのことです!

宮島口もみじ本陣の営業時間は8:40~17:30までとなっていますので少し早めに持っていくくらいの感じでいた方がよいと思います。

閉まるのが結構早いんですね(^^;

 

しかし、この一日乗車乗船券はめちゃくちゃお得な感じがしますね!

宮島に行ったら大体はロープウェイにも乗るのでこれはおすすめです!

広電の宮島線は最高ですよ~。

JR線にはない魅力があります。

路面電車から普通の線路に切り替わって走っていく様は何度乗っても味があってよいのです!

 

「電車バス一日乗車券もある!」

 こちらは冒頭に紹介した「一日乗車券」にバス路線(高速バスやリムジンバスは除く)の乗り放題も追加したもので、広電ピースパスと呼ばれるものです。

値段は大人700円、子供350円です。

一日乗車券に100円プラスしただけでバス路線も使用することができるようになるとすればお得で行動範囲もグッと広がりますね!

 

ただ、バスも使用するとなると事前にリサーチしておく事柄が増えるので初心者はまずは一日乗車券でド定番回りをするのが良いんじゃないでしょうかね(^^♪

 

 さあ、ちゃんとスクラッチが削れたらもう何も心配はいりません、一日中広島市内を移動しまくれる特権が与えられたのです。雰囲気満点の市電に乗りまくりましょう!

 

  

詳しくはコチラ↓広電のホームページ

広島電鉄株式会社

 

自転車パーツのWiggle

食べてもいいダイエットって?その答えは、「ローカロ生活」です。

即時にお部屋を確保・予約完了♪ピーク時期・直前でのホテル予約も安心!

レンタカーなら日本旅行「旅ぷらざ」レンタカー

日本全国の高速バス予約はこちら!!