読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

平山郁夫美術館を訪れる

f:id:jijikokkoku:20170307073258j:plain
尾道は生口島の瀬戸田に訪れる理由にこの平山郁夫美術館をあげる人も多いと思います。
今回は巨匠「平山郁夫」の作品が鑑賞できる美術館「平山郁夫美術館」を訪れた際の事を記したいと思います。

まあ、なんといっても立派な美術館です❗
かの両国国技館を設計した今里隆先生の作品だそうです。
大変優雅で上品なものでした↓
f:id:jijikokkoku:20170226152047j:plain

入館料は大人900円、高校生・大学生が400円、小中学生が200円です。

自転車は中に入れませんので入口から左に回ったところにある所定の自転車置き場に置きましょう👌
f:id:jijikokkoku:20170226153131j:plain

さすがは、地元、瀬戸田の美しい島々に生まれ育った平山郁夫の作品を展示するだけの事はあります。
入口にも品がありますね👍
f:id:jijikokkoku:20170226153323j:plain
f:id:jijikokkoku:20170226153422j:plain

入口を入ると左手にロッカーがあるので荷物がある人はこちらに預けておくと良いです。

受付で入館料を支払うのですがこの時に有料(1台200円で二人使用可能)ですが、音声ガイダンスの解説プレーヤーを借りられますので是非とも借りた方が良いです❗
平山郁夫本人の声も入っており、さらに充実した鑑賞が楽しめます。
※スマホを持っている人はガイド用紙をもらい、そのバーコードを読み取ることで無料でガイドを聴くことも出来るようです。
f:id:jijikokkoku:20170226154413j:plain
f:id:jijikokkoku:20170226154650j:plain
ロビーにはドーンと平山郁夫作品の出発点とも言える仏教伝来の陶板転写画が掲げられており目を引きます。ちなみに、この作品とロビーのみ写真撮影可です❗記念撮影をしておいてはいかが❔
f:id:jijikokkoku:20170226155204j:plain
そしてこの作品を照らす明かりを振り返ると、なんとも立派で趣味の良い庭園があるではありませんか❗
f:id:jijikokkoku:20170226160330j:plain
入口を入って受付を済まして、さあ、と言うときに気づく仕掛けがナイス👍
瀬戸内海の島々を表しているそうで素敵ですね❗

あとは、平山郁夫の世界を堪能すべく美術館の中に歩みを進めるだけです。
個人的には平山郁夫の幼き頃の絵画に引き込まれました。
皆さんも是非、訪れてみてくださいね~✋

詳しくはコチラ↓平山郁夫美術館のホームページ
平山郁夫美術館 | 平山郁夫美術館 | 尾道市瀬戸田町、日本画家 平山郁夫の生地に建つ美術館

地図↓

自転車パーツのWiggle

食べてもいいダイエットって?その答えは、「ローカロ生活」です。

即時にお部屋を確保・予約完了♪ピーク時期・直前でのホテル予約も安心!

レンタカーなら日本旅行「旅ぷらざ」レンタカー

日本全国の高速バス予約はこちら!!