tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

尾道で名物の千光寺山ロープウェイに乗った!

千光寺山頂上行きのロープウェイ

2017年2月訪問

尾道は有名な観光地ですが、来たら外せないのがこの千光寺山頂上行きのロープウェイです。尾道を訪れる観光客の方たちが必ず訪れる「一番尾道らしい場所千光寺」へのアクセスに最適で、大規模なロープウェイではなく、ちょっとした規模(所要時間は3分)なのが良いですね👍

 

徒歩でも登れる山ですが、お年を召した方でも上がれるように作った感じでしょうか。

結構ちんまりとしていて、乗り場も地味で周りの家々に溶け込んでいます。

正面から見るとあまり、ロープウェイ乗り場という感じがしませんが、れっきとしたロープウェイ乗り場です。

 

千光寺山頂上行きのロープウェイ 乗り場

こちらでチケットを購入します。

料金は320円です。

こんな感じ↓

千光寺山頂上行きのロープウェイチケット表

ちなみに、このチケット、結構お得なことが裏面に書いてあるので捨てない方が良いですよ❗

各種割引が適用されるのです👏

 

千光寺山頂上行きのロープウェイチケット 裏

右下の欄に注目❗

拡大したものがコチラです↓

 

千光寺山頂上行きのロープウェイ チケット裏拡大

各種割引が受けられます❗

この中で筆者が利用したのがレンタサイクルです。歩いて回るには少し広い尾道を効率良く回るならレンタサイクルがオススメですよ👌

さて、後は乗り場に向かいます。

思わず左手にある階段に目が行き、上がりたくなりますが、そこは出口ですので違います(笑)

乗り場は建物の右手の細い通りを進むと左手にひょこっと出てくるエレベーターで上がるとあります。

千光寺山頂上行きのロープウェイ 看板

少し分かりにくいですが、こんな感じです。売り場に案内看板が出ていますので迷うのとはないと思います。

かなりこじんまりとしていますね。

こんな感じ↓

千光寺山頂上行きのロープウェイ 乗り場

 

エレベーターで、モノレール乗り場にあがると、おお!

確かに立派なロープウェイです!

こうなると一気にワクワクしてきますね!

15分に一本の間隔で出ていますので出発までしばし待ちます。

 

千光寺山頂上行きのロープウェイ 景色

いざスタートするとぐんぐんと高度を上げていき目の前に尾道の街並みが入ってきます。さすが箱庭的な街と言われるだけありますね!

コンパクトに詰め込まれた街になっています。

このコンパクトさ加減は地形上しょうがなかったんでしょうね。

なんでも海に張り出しているところは昔は海の真上だったそうですから。。。

ということは相当埋め立てている?んでしょうね。

この日は少し曇りでしたがそれでも景色はなかなかのものでしたよ😃

尾道水道と尾道ののどかな風景を楽しみながら、尾道市街地から「千光寺公園」まで登っていきます。

 

千光寺山頂上行きのロープウェイ 案内図1

頂上付近での案内図を写真に納めていたので参考に写真をアップしておきます👌

千光寺山頂上行きのロープウェイ 案内図2

では、楽しい千光寺山巡りを✋

 

「基本情報」

住所:〒722-0033 広島県尾道市東土堂町20-1

電話:0848-22-4900

営業時間:9:00〜17:15 15分ごとに運行しています。

運賃:普通

(片道)大人320円、小児160円
(往復)大人500円、小児250円
運賃:団体運賃(30名以上)

(片道)大人280円、高校・中学生250円、小児140円
(往復)大人450円、高校・中学生400円、小児220円
※学生団体の引率は下記の人数が無賃扱いとなります。
(高校生)30名~1人、50名~2人、60名~3人
(中学生)30名~1人、40名~2人、60名~3人
(小学生)30名~1人、40名~2人、50名~3人、60名~4人
(幼稚園児)30名~2人、40名~3人、50名~4人、60名~5人
※2014年4月1日料金改定

障がい者・療育割引:手帳提示で5割引き

尾道市内の保育所(園)、認定こども園、幼稚園、小学校、中学校等の責任者に引率された児童、生徒等の団体が教育上の目的のために利用する場合は無料!

ただし、減免申請が必要。詳しくはこちらを確認してください。

 

10点の特典が付いています!

①尾道市立美術館:入館料は団体割引(大人・高大生)

②おのみち文学の館:入館料20%割引

③持光寺(にぎり仏):拝観料300円→250円 

           にぎり仏1,500円→1,350円

 ④浄土寺→宝物館入館料:大人400円→360円 

            子供200円→180円

⑤おのみち映画資料館:入館料20%割引

⑥おのみち歴史博物館:入館料20%割引

⑦なかた美術館:本人のみ一般当日料金より100円引き(500→400円)(他の割引と併用は不可)

⑧レンタサイクル(尾道港):大人1,000円→900円
              電動アシスト1,500円→1,400円
              子供300円→200円

⑨⑨耕三寺・耕三寺博物館:各種個人料金より200円引き

⑩平山郁夫美術館・耕三寺博物館:各種個人料金より200円引き

 

「おのみちフリーパスについて」

ちなみに尾道のロープウェイは「おのみちバス」が運営しているので「おのみちバス」と合わせられる「おのみちフリーパス」というのがあってこちらを使うと「おのみちバス1日乗車」と「千光寺山ロープウェイ往復」、さらに7店の得点がセットになっていてかなりお得です。
ただし!ロープウェイ乗り場では買えませんのでご注意を!

駅で「おのみちフリーパス」を購入して尾道駅~長江口(ロープウェイのりば最寄)はバスで行きましょう♪

私は駅から歩きましたが、相当遠いです(^^;

 

「おのみちフリーパス」を変えるのは下記の場所においてです!

〇尾道駅前バスセンター(しまなみ交流館1階、平日7:30~19:00、土日祝9:00~15:00)
〇新尾道駅バスセンター(新尾道駅2階待合室、平日7:30~19:45、土日祝7:30~19:45)
〇おのみちバス本社営業窓口(東尾道車庫、平日8:30~17:30、土日祝は休み)
〇尾道駅観光案内所(構内 平日、土日祝9:00~18:00)
〇グリーンヒルホテル尾道
〇尾道国際ホテル
〇尾道ロイヤルホテル

 

7つの特典付き!

①尾道市立美術館
入館料50円引(特別展開催時は異なる)
②おのみち文学の館
おとな300円→240円(中学生以下は無料)
③持光寺(にぎり仏)
拝観料300円→250円、にぎり仏1,500円→1,350円
④浄土寺
宝物館入館料 おとな400円→360円、こども200円→180円
⑤おのみち映画資料館
入館料おとな500円→400円(中学生以下は無料)
⑥おのみち歴史博物館
入館料おとな200円→160円(中学生以下は無料)
⑦なかた美術館
入館料100円引(展示内容により異なる)

 

「ロープウェイまでの歩きでの目安時間」

「JR尾道駅」より徒歩20分。
「JR尾道駅」より「東行き」バス乗車は約5分くらいで「長江口バス停」下車後すぐにあります。
「JR新尾道駅」より「尾道駅行き(長江経由)」バス乗車約10分くらいで「長江口バス停」下車後すぐにあります。

 

「頂上までのアクセス」

基本的に車での移動になります。尾道バイパス「長江インターより」より約10分くらいです。
千光寺山駐車場に車を停めて、そこから山頂駅まで徒歩10分くらいです。
山頂駅からの往復切符も購入可能です。

 

ちなみにあまり知られていないようですが、カーゴに入るものに限りますが(無料貸出あり)ペットも同伴してよいそうです!
あと地味にWIFIフリーという。。。

 

地図↓