tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

新橋の和菓子屋「新正堂」の名物「切腹最中」を食べた!

f:id:jijikokkoku:20170502142945j:plain
こちらは以前より気になっていた新橋の和菓子屋「新正堂」です。新橋は和菓子屋さんが昔から多くあり、月日がたった現在でもいくつか残っています。以前に紹介させていただいた「文銭堂」の「文銭最中」もそうですが、今回の「新正堂」もその内の1つです。
こちらは、切腹最中で有名です。

お店に到着すると、すでに取引先へ送るためでしょうか、ビジネスマン風の方がお菓子を購入していました。

今回は、この切腹最中と豆大福(こしあん)、それとみたらし団子を食べてみたいと思います。
早速、注文すると、お茶付きで提供されました。お店の前には、その場で食べられるように縁台がおいてあります。

ここに腰掛けていただくことにします。


f:id:jijikokkoku:20170502144723j:plain


いや~、縁台に置くとまた雰囲気が出ますね~(^^)

早速、みたらし団子からいただきます。


f:id:jijikokkoku:20170502144853j:plain


食べてみると、ちょうど良い甘味のみたらし団子でした。団子はしっかりめの歯応えがあって正統派みたらし団子といった感じです。

次に、豆大福を頂きます。


f:id:jijikokkoku:20170502145100j:plain


この豆大福も食べてみると、正統派です。
豆の香りがしっかりと漂ってきます。


そして、最後に名物の「切腹最中」を食べます!


f:id:jijikokkoku:20170502145242j:plain


これは、見た目にも切腹デスネ~(^^)
すごい量のあんこに見えますが、食べてみると、中から牛皮が!
なるほど、中には牛皮が入っているため、あんこ一辺倒とはならず、しつこくならないようになっています(^^)v

ちなみに、こちらの新正堂は四十七氏で有名な「忠臣蔵」の起こりとなった、田村右京太夫屋敷の跡地にあることから、このお菓子となっているそうです。

歴史的にも繋がっているんですね~(@_@)