tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

1 ファイヤーエンブレムヒーローズ(FEH)を始めてみた!

f:id:jijikokkoku:20171127132204p:plain
引用元
https://fire-emblem-heroes.com/ja/


最近、スマホゲームの中でも「ファイアーエムブレムヒーローズ(FEH)」をプレイしています。

運営はゲーム会社の大御所である、任天堂。本作は任天堂が運営するスマホアプリとしては3作目にあたります。

「ファイアーエムブレム(FE)」とは元々、ファミコンの時代から脈々と続いている「シミュレーションRPG」です。

ファミコン版発売以降、ハードを変え、実に18作もの作品が生み出され、今もなお進化を続けている長寿シリーズ。

同社の人気シリーズである「大乱闘スマッシュブラザーズ」にもキャラが出演したり、最近では「無双シリーズ」とのコラボも果たしました。

「シミュレーションRPG」というジャンルを確立したシリーズで、マス目で区切られたマップに、剣や魔法を武器として扱う「ユニット」を配置し、敵の軍団とバトルを繰り広げ、戦乱時代の平定を目指します。

自分のお気に入りのキャラクターを育て、好きな軍団を作り上げ、支配をもくろむ悪に立ち向かう――王道ファンタジーなのですが、その最大の特徴は「一度死んだキャラクターは、原則二度と生き返らない」というシビアなシステム。

これはシリーズを通して一貫しており、まさに実際の「戦争」をリアルに再現している独特の歯ごたえに、多くのファンが惹きつけられました。

どれだけうまくいっていても、後半の一手を緩めただけで仲間が死んでしまい、泣く泣くリセット――なんてことは日常茶飯事でした。

難易度が高く感じますが、やればやるほど奥が深いストーリー。多彩な登場人物。さらにはキャラクター同士の恋愛や結婚など、やりこみ要素も満載な点が、人気の理由でしょう。

私もそんな「FEファン」の一人なのですが、ついにFEがスマホに進出ということで、今回プレイを始めてみました。

ファミコンシリーズから脈々と続く長寿作品の登場人物たちが、ついにシリーズの枠を超えて夢の競演を果たします。

各作品の主人公、ヒロインはもちろんのことFEといえば、魅力的な脇役も大勢います。

キャラクターのイラストは全て再度書き下ろしており、旧作ではなかった声優さんによるボイスなんかも。有名絵師さんや有名声優さんの起用も、本作の大きな魅力ではないでしょうか。

まさに、かつての「FE」の世界が、最新のグラフィック、ボイス、BGM、そしてシステムでスマホゲーとして生まれ変わったのです。

これから、この「FEH」の内容や魅力について、語っていってみようと思います。