tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

スプラトゥーン10 バトルで使えるテクニック

 様々な武器と特殊なギアパワーを活用することで、多種多彩なバトルを楽しむことができる「スプラトゥーン2」ですが、やはりせっかくプレイするならば、より上を目指したいところ。

 今回は、塗り合いバトルを行う上での、ちょっとしたテクニックをご紹介します。

 立ち回りの中に組み込むことで、対人戦の際の生存率や殲滅率が上がるかもしれません。

 しっかりと身に付けることで、塗り合いをより有利に運びましょう。


1…雷神ステップ

 仰々しい名前がついていますが、素速く動き回るテクニックのことです。

 射撃した後、素早く「イカ潜り」でインクの中に姿を隠し、また現れては射撃…という動きを繰り返します。

 一瞬だけ射撃して塗った足場に「イカ潜りで移動」→姿を現してまた、次の足場を塗って移動…を高速で繰り返すことで、素早く前に進みます。

 移動中でも最低限しか姿を現さないため、相手の的になる確率がグッと減り、さらに移動時はほぼインクに潜っていることからインクが尽きる心配もありません。

 全ての武器で可能なテクニックですので、これを覚えるだけでも、塗り合いバトルの生存率が随分と変わってきます。

 塗りきれていないエリアにも素早く侵攻できるので、奇襲などにも幅広く使えるテクニックです。


2…ジャンプ横振り

 ローラーで活用できるテクニックです。

 ローラーは一度だけ攻撃ボタンを押すと、ローラーを振り回してインクをばらまくのですが、地面にいる際は横に、ジャンプしている際は縦に振ります。

 横振りの方が塗る範囲は広いのですが、地面に立っているため、障害物などにインクが遮られる場合が多々あります。

 これを解消するため、地面で攻撃ボタンを押す(横振り開始)→すぐにジャンプボタンを押すことで空中からインクをばらまく…とすることで、より素早く、広範囲にインクをばらまくことができるのです。


3…射線隠し

 チャージャーなどに用いられるテクニックです。

 チャージャーは構えていると弾道が線になって表示されるため、敵に見切られてしまうと、直撃させることができません。

 このため、壁に張り付き射線を見せない様にし、一瞬で狙いをつけて発射する、という工夫が効果的です。

 また、遮蔽物がない場合は地面に銃を向けておき、射線を文字通り「隠す」ことで、相手に狙いを悟らせないのです。


4…チャージキープの維持

 こちらもチャージャーのテクニックになります。

 チャージャーはチャージを行なったのち、一定時間ならば潜伏してもチャージがキープされる、という特性があるのですが、これは「潜伏し直すことでキープ時間がリセットされる」という特性があります。

 チャージをして潜伏→一瞬だけヒト状態に戻って、また潜伏…これを繰り返すことで、イカ状態で高速移動しつつも、チャージを維持し続け、強力な一撃を溜めておくことができるのです。


5…スーパージャンプからの、スーパーチャクチ

 落下し、着地時に地面を叩いて周囲を吹き飛ばすスペシャルウェポン「スーパーチャクチ」。

 このスペシャルウェポンなのですが、実は仲間の元へと移動する「スーパージャンプ」の最中にも、使用することが可能なのです。

 スーパーチャクチはもともと「高いところから発動すればするほど、ダメージが大きい」ことから、相性は抜群。

 敵と味方が交戦している場所を狙ってスーパージャンプで移動し、到着寸前にスーパーチャクチを発動することで、交戦中の相手を一網打尽にできます。

 また、スーパージャンプの落下地点を狙う「着地狩り」という戦法も存在するのですが「スーパーチャクチ」発動時は相手の弾に関係無く衝撃波を放つため、逆にこういった待ち伏せを狩り取る「着地狩り狩り」もできるのです。