tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

港にある小さなカフェ

港にある小さなカフェ

f:id:jijikokkoku:20180111154732p:plain

ここは大分県の西大分港という大分市と別府市の境にある場所のカフェです。ここには港に沿って
たくさんのおしゃれなカフェやライブハウス、結婚式場などがあったりとおしゃれな場所です。
大分県のデートスポットとしても有名であり、特に夜になると海の向こう側に別府の夜景も
見渡せて夜景を楽しみに来たこともありました。

私は最近釣りにはまっていて、釣りをしに西大分に足を運ぶことが多かったのですがそのおかげで
いつもは行かない場所を通ることが多くなってたまたまこのカフェ「ボアソルチ」を見つけて
この外観がおしゃれで気になったので、ある日ランチをしに立ち寄ってみることにしました。
間近で見るとおしゃれなのに少しさびれた様子も伺えてどこか懐かしさを感じさせられました。

カフェを目的に行ったのですが、同じ建物の中に隣接してハンドメイドの雑貨や手作りのパンやマフィンなども売ってありました。内装もとてもおしゃれで売り物よりも飾り付けに目を奪われてしまいました。

目的のカフェに入るとまず席に案内されましたが、メニューを貰ったときにこちらのカフェにも雑貨が
売ってあることを教えていただいてご飯の待ち時間に席のある1階から屋根裏のような2階に置いてある
可愛い置物やアクセサリーなどの雑貨を楽しみました。

さて、ここはイタリアンメインな洋食屋さんです。
メニューはパスタやチキン南蛮、ハンバーグなど一般的に洋食屋さんにあるようなメニューで、
サラダ&スープ&ドリンクをつけるセットやさらにデザートを追加できるようになっていました。
プレートのときはスープ&ドリンクの追加がセットとなっていたりとメニューによって多少違いはあって決めるのに迷いました。

私は本日のランチプレートをセットで注文し、さらにデザートもセットに追加しました。
この日のランチプレートはチキン南蛮で、選んだデザートはきな粉と抹茶のチーズケーキです。
デザートもミニパフェやゼリーなどケーキ以外にもたくさんのそそられるメニューがあって迷いました。
レジの横のケースにそれらが並べてあって、結局それを見て1番そそられたものを頼みました。

まず始めにコンソメスープが来て、しばらくしてランチプレートが運ばれて来ました。

f:id:jijikokkoku:20180111154823p:plain

チキン南蛮が熱々出来たてでタレがつやつやしていてとても美味しそうで食べてみると、衣がサクッと
しているのにその衣にタレがしっかり絡んで味がしっかりついていて食べたっかった味でした。

私はチキン南蛮の甘辛に酢が少し効いているタレとタルタルソースのマッチングがとても好きで
洋食屋さんに行くとついチキン南蛮を注文してしまうのですが、チキン南蛮独特のこのタレと
タルタルソースの甘辛さが好きな人はきっとこのチキン南蛮を気に入っていただけると思います。

衣がしっとりとタレが染み込んでいるのが好きという人もいると思いますが、これは衣はわりとさくっとした状態のままだったので、あっさりとしたものが好きな人にはさらにおすすめです。

その日はとてもお腹が空いていてこれだと足りないかもしれないと思いましたが、思ったより
ボリュームがあってとても満足できました。
少食の人やあまりお腹が空いていない人にはもしかしたら食べきれないくらいかもしれません。

f:id:jijikokkoku:20180111154902p:plain

お腹いっぱいになった私ですがデザートが運ばれてきたらそれはまた別腹というのがあります。
チキン南蛮を食べ終わったときはこってり重いチーズケーキを頼んでしまったことを後悔しましたが
いざ目の前にして食べ出してみると美味しくてペロリと1人で全部食べ切ってしまいました。

きな粉抹チーズケーキでしたが、きな粉はあまり主張は激しくなくて言われなければ抹茶チーズケーキ?
と思うような味でしたがとても美味しかったです。

お店の店員さんも親切でまた来たいと思いました。

最後にここのお店の紹介です。

名 前:BOASORTE(ボアソルチ)
住 所:大分県 大分市生石港町2丁目5-10
営業時間:11:00〜19:00
予 約:可能