tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

逆転オセロニア 1

 「オセロ」というと、白と黒の駒を挟むことでひっくり返しあい、最終的な駒の数で勝ち負けを決める、有名なボードゲーム。

 最近、そんなオセロをモチーフにした、新しい形の対戦型スマホゲームにはまっています。

 それが「逆転オセロニア」です。

 DeNAが配信しているソーシャルゲームで、最近ではテレビCMなんかも目にする機会が増えたタイトルです。

 「あいた時間にサクッと対戦」という売り文句でしたが、まさにその通りで、誰でも知っている「オセロ」のルールをベースに、互いの「デッキ」をぶつけ合って戦う、手軽な対戦ゲームになっています。

 オセロだと「いかに相手より多く駒を取ったか」で勝敗が決まるのですが「逆転オセロニア」で勝敗を決めるのは互いの「HP」。

 オセロなのに体力があるの? と不思議になられるかもしれませんね。

 「逆転オセロニア」では駒はモンスターや精霊といった「ユニット」になっていて、配置するたびにユニットが持つ攻撃力をベースに、相手にダメージが入るのです。

 更に、ひっくり返した数によってダメージの倍率が決まり、大量にひっくり返すほど、相手に大きなダメージを与えることができる、という仕組み。

 また、ユニットは様々な「スキル」を持っており、ひっくり返す時、あるいはひっくり返された時等に効果を発揮します。

 これらをうまく組み合わせることで、先に相手のHPを0にした者が勝者、となります。

 この内容だけ聞いていると、モンスターをぶつけて相手と対戦する、まさにソーシャルゲーム、といった感じですよね。

 ですがやはり、ベースが「オセロ」であるため、ただ単純に攻撃をぶつけ合っているだけだと、なかなか勝てない時もあります。

 相手が次にどこに置くか、どう配置していくか、という読み合いも「逆転オセロニア」のバトルには不可欠な要素になってくるのです。

 モンスターとスキルの組み合わせだけでなく、どこからオセロのマスを埋めていくか。

 タイトルが示すように、中盤まで負けていたとしても、後半の連鎖で一気に大逆転、なんて場面も珍しくはありません。

 ユニットのイラストも様々なイラストレーターさんが手がけており、魅力的なキャラクターを集める、コレクター要素も兼ね備えています。

 最近ではコラボキャラクターなんかも登場しているため、お気に入りの作品のキャラと一緒に、戦えるかもしれませんね。

 サクッと楽しめて、それでいて奥深い。そんな「逆転オセロニア」について、遊び方や攻略情報を、紹介していこうと思います。