tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

FEH_8 聖印・スキル引継ぎ説明

 より一層強力なキャラクターを生み出すための方法を紹介しましたが、今回はその中でも「聖印生成・覚醒」、「スキル継承」の詳しいやり方について、触れていこうと思います。

 どちらも使いこなすことができれば、通常のキャラクターが持っていない能力やスキルの組み合わせを実現でき、強力なユニットを作り上げることができます。

 より高難易度なマップの攻略や「闘技場」で他のプレイヤーの小隊に打ち勝つためには、ぜひこれらを活用しましょう。

1.「聖印生成・聖印覚醒」について

 この機能を利用するためには、まずメインストーリーを第13章まで進め、その後に解放される「幕間の章」をクリアする必要があります。

 クリア後にツールバーの「仲間」→「特別強化」→「聖印生成・聖印覚醒」から利用することが可能。

 画面上部のタブにより「聖印生成」と「聖印覚醒」を切り替えることができ、聖印のラインナップがリストには並んでいます。

 以前にも説明しましたが、聖印は「攻撃UP」や「速さUP」のようにステータスを上げるものもあれば、「近距離防御」や「攻撃の鼓舞」など、パッシブスキルとして装備させることができるものもあります。

 「聖印生成」ではまだ持っていない聖印を生み出すことができ、「聖印覚醒」では現在持っている聖印の効果をさらに強力に進化させます。

 生成・覚醒どちらも、対応する色の「勲章」「大勲章」、そして「聖貨」がそれぞれ必要となります。

 「勲章」と「大勲章」はストーリーや修練の塔など至る箇所で取得できるため、そう不足することはないのですが「聖貨」は貴重で、ミッションをこなすなどしなければ、手に入れることはできません。

 このため、生成・覚醒できる聖印には限りが出てきますので、現在使用している小隊のキャラクターに合ったものを吟味し、どういった組み合わせが望ましいかを考えた上で、選びましょう。

 個人のステータスをアップするものよりも「近距離防御」のようなパッシブスキル系はユニット性能を大きく変えることができるので、オススメです。

 一度作った聖印は別キャラクターに装備し直すことも可能なので、作って損にならないところは、嬉しい点ですね。


2…「スキル継承」について

 ツールバーの「仲間」→「特別強化」→「スキル継承」から実行可能。

 この機能によって、あるキャラクターのスキルを別のキャラクターへと引き継がせます。

 まず、最初は「スキルを引き継がせる」キャラクター・Aを選択。今回、強化したいキャラクターですね。

 次に、「引き継ぐスキルを持った」キャラクター・Bを選択。

 注意したいのは、このキャラクター・Bは引き継ぎが終わると「消滅」してしまいます。どんなレアリティの高いキャラでも二度と戻ってはこないので、選ぶときはうっかり間違えないように、注意しましょう。

 AとBのキャラクターを2名選出したら、今度は引き継がせる「Bが持つスキル」を選びます。

 Bのキャラが持つスキルの中から最大で3つまでを取得可能。この際、例えば「攻撃1」「攻撃2」「攻撃3」のように、段階によって効果が上がるスキルは、その過程のスキル全てを覚えさせる必要があります。

 つまり、いきなり最大の効果が出る「攻撃3」だけを取る、ということはできないわけです。

 また、兵種をまたいだスキルの継承も不可。具体的に言えば剣士に魔道書を持たせようとしたり、通常キャラに「踊り子」のスキルを付与することもできません。

 引き継いだスキルは、通常スキルを会得するのと同様に、敵を倒した際に取得する「SP(スキルポイント)」を利用し、取得させることが可能です。