tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

FEH_9 強キャラ

 様々なキャラクターが登場する「ファイアーエムブレムヒーローズ」ですが、やはりゲームの常ということで、群を抜いて強力なステータス、スキルを持つキャラクターもいます。

 今回は数ある英雄達の中でも、使用率が高い「強キャラ」について、紹介していきましょう。

・リン(総選挙)

 GBAのタイトル「烈火の剣」より、主人公の一人として、剣士キャラで参戦していた彼女。

 ですが、今回「英雄総選挙」イベントによって初の「騎馬+弓」キャラクターとして参戦しました。

 広大な行動範囲もさることながら、弓が無属性であることから単純な属性では相性不利な場面がなく、専用武器「ミュルグレ」の効果で高い「速さ」を誇り、しかも相手が魔法の場合は、強化を無効化。

 元々、攻撃時に威力が上がる「鬼神飛燕の一撃」まで兼ね備えているため、破壊力という点ではこれほど優れた性能のキャラクターもいません。

 「闘技場」では高確率で遭遇する彼女なので、騎馬や無属性に対する対策を取る方も少なくはありません。

・シグルド

 SFソフト「聖戦の系譜」より参戦。

 ゲーム第1部の主人公を務めるだけあって、その性能は非常に高く、専用武器「聖剣ティルフィング」は魔防が+3されるだけでなく、初撃のダメージを半分にしてしまいます。

 追撃を受けたとしてもスキル「聖騎士の加護」を持っているため、二発目のダメージは80%に抑えられるなど、とにかく壁役としての性能が高いです。

 騎馬ということで機動力も高く、総合ステータスも高いことから、騎馬特攻の対策がない限り、止めるのはかなり難しい相手となるでしょう。

・ヘクトル

 リン同様に「烈火の剣」より参戦した主人公の一人。

 アーマーナイトということでただでさえ高い防御力を誇り、その上「遠距離反撃」を持っているため、弓や魔法にも反撃できる点が魅力。

 加えて専用武器「アルマーズ」はHP80%以上であれば、必ず追撃が可能と、守りだけでなく攻めも強力。

 スキル継承で「待ち伏せ」を持っている場合、HPが減ると今度は相手の攻撃の前に返り討ちに、なんてことになり、まさに無敵の要塞と化してしまいます。

・ラインハルト

 SFのタイトル「トラキア776」より参戦した魔導師。

 騎馬+魔導師ということで総選挙リンと同様、広い攻撃範囲を誇るのが魅力。

 そして彼の持つ専用武器「ダイムサンダ」は「必ず2回攻撃」という特性を持ち、こちらから攻撃を仕掛けた場合、相手より先制し、必ず二連撃が炸裂。

 「鬼神の一撃」を覚えさせることができれば、まさに「やられる前にやる」という超攻撃特化キャラクターとして相手を殲滅してくれます。

 驚くべきことにこのキャラクター、ステータスだけ見れば2017年現在で、ワースト2位という、けっして恵まれた能力を持っているわけではないのです。

 それだけ、このキャラクターの持つ武器、スキル、兵種のバランスががっちりと噛み合っている、ということでしょう。



 こうして見ると、現状、強キャラクターと言われている面々は、やはり広範囲を移動できる「騎馬」が多いことが分かります。

 このため「闘技場」で勝つためには、小隊に一人は「騎馬特攻」を持つキャラクターを入れておくと、勝率がグッと上がるかもしれませんね。

 これらの強キャラに限らず、「どういう相手を倒すためか」という、一人一人の役割を明確にして組み合わせることで、小隊としてのバランスが飛躍的に良くなります。