tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

山の猿 一番町店のランチ

その日は通院帰りでした。
病院が終わってランチが食べられるところって時間的にないんですよね。
その時はすでに午後3時すぎです。
悩みはするのですがいい場所が思いつかないんです。
そこでふっと「山の猿」という居酒屋さんんを思いだしました。
そこは、午後6時までドリンクが半額なんです。
もちろんアルコールもですよ。

場所はアーケードを市役所方面に歩いていくと炎のかがり火のような看板があります。
そこを地下に降りたところです。

靴をげた箱に入れると全室個室の店内がお出迎えです。

早速、ランチを拝見します。
ふむふむ。なるほど。
セットとしてはおそばと一緒になっているものが多いんですね。
じゃ、私はコレ。

ステーキ丼・そば御膳 1080円

f:id:jijikokkoku:20180216121120j:plain

きました。
ステーキが半分赤いんですよね。
つまり半分レアなわけです。
こんなステーキ丼みたことないわ。
これは、期待できそうです。

f:id:jijikokkoku:20180216121155j:plain

おー、お肉一枚一枚の厚みがすごいです。
ぶ厚いんですよね。
6枚切りのパンくらいあります。
噛み切るのには多少大変かと思いますが、そこもご愛嬌です。
もぐもぐ、もぐもぐ、もぐもぐ、もぐもぐ・・・
お肉の味が濃いですね。
一枚食べてはたたみかけるようにご飯を食べます。
お肉とご飯の愛称ばっちりです。
それはまるで佐々木健介、北斗晶夫妻のような相性の良さですね。

ご飯に行ったので次はおそばですね。

f:id:jijikokkoku:20180216121349j:plain

ざるそばですが、一言。
美味しいです。
コシがあるし、つるつるのどを通っていきます。
のど越しも気持ちいんです。
歯切れもいいのでこれもぺろっといけてしまいました。
そばの香りも豊かで美味しかったですよ。

マミーは、こちらです。

日替わり定食 868円(税抜き)

f:id:jijikokkoku:20180216121550j:plain

なんだ?なんだ?なんかいっぱいきましたよ?
とりあえず、左手前の茶わん蒸しを貰いました。
プルルンとしていてうんまー。
どっかの高級プリンのような柔らかさです。
中には鶏と栗が入っていました。
シンプルイズベストですね。

f:id:jijikokkoku:20180216121637j:plain

まぐろですね。
他が油物ですからちょこんとあるのでいい量だと思います。

f:id:jijikokkoku:20180216121730j:plain

豚の豊かな香りに押しつぶされるかと思いました。
サクッと揚がっていてすごく美味しいです。
火を入れた割に縮んでいませんでした。
豚の身がミッチミチに詰まっているので食べごたえ抜群です。
食感がサクッともちっとです。

f:id:jijikokkoku:20180216122319j:plain

この海老天を貰いました。
天ぷらを塩で食べるの生まれて初めてです。
色がちょっと緑なので抹茶塩です。
んー。
私の舌が馬鹿だからでしょうか。
抹茶の風味はしません。
でも、見た目にもきれいだし、塩で天ぷら食べるってこんなに美味しいんですね。
ほどよい塩加減がたまりません。

最後は主食ですね。

f:id:jijikokkoku:20180216122418j:plain

見た目、ゆかりご飯かと思ったら梅かわりご飯でしたね。
こちらも一口もーらい。
梅が主張してこないけれどサッパリと食べられます。
くせがないのでグイグイいけちゃいますよ。
これは、油物と合いそうです。

あらかた食べ終わるとメニューに気になる項目を発見しました。

ランチを頼むとドリンク1杯とデザートが299円(税抜き)で頼めるそうなんです。
私は、財布が自分じゃないと思い、ここぞとばかりに「たべたいね」とおねだりしました。

すると、「あんた、1000円もするやつ頼んでおいて。1000円稼ぐのにどれだけ大変だとおもってるの」と言われてしまいました。
ちぇ。だったら、もっと高いランチ頼んでおけばよかったな。

でもおいしかったです。

ありがとうございました。ごちそうさまでした。

詳細情報
店名:山の猿 一番町店
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-9-17 イワマ靴店三越前ビルB1
電話番号:050-3477-9364
定休日:不定休日あり
駐車場:無