tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

祭居酒屋 みこし(仙台)

そのお店はランチがワンコイン(500円)で食べられるところを探しているときに見つけました。
よくよくホームページを見てみると宮崎名物チキン南蛮定食とか、日替わり定食とかあります。
その中でもひときわ私の目を引いたのが名古屋名物味噌トンカツ定食の文字です。

ちょっと味の濃いものが食べたかったので「味噌!」と行きたくなりお邪魔しました。

場所は、定禅寺通りを西公園に向かって歩いていくと大戸屋があります。
道路を挟んで反対車線です。
ごく普通のビルなので見落とさないか注意です。

エレベーターの横に「みこし 4F」と書いてあります。
エレベーターがついて扉があくと目の前には靴箱があるんです。
大体エレベーター降りて、入り口があって店内に入るのですが、ここのお店は、そういうのは丸ごとカット。
扉が開いて、どうしよう?と思っていると腰から下にエプロンを巻いた店員さんがきてくれました。

靴をげた箱に入れると掘りごたつの窓際の席に案内されました。
他の席も掘りごたつみたいでした。
カウンターの席はパッと見てみうけられません。

さて、ランチのメニューっと目を落とします。
そこには、私が楽しみにしていた「味噌トンカツ」の文字がありません。
ちょっとショボーンとしたのですが、店員さんに聞いてみると「お時間にただけるならお出しできます」といっていただけました。

私は、それにします。

味噌トンカツ定食 500円(税込み)

f:id:jijikokkoku:20180319072501j:plain

きました。
どのおかずもほかほかしてます。

まずは、マカロニサラダとしば漬けからです。

f:id:jijikokkoku:20180319072526j:plain

うん。
マカロニが湯で具合抜群です。
ぐにゃぐにゃでもないし、マヨもベタベタしていません。
しば漬けがちょっとしょっぱいのでご飯が進みます。
でも、塩辛いわけではなく、コリッ、パリッとした食感がたまりません。

進むご飯です。

f:id:jijikokkoku:20180319072550j:plain

食べなれたご飯です。
癖もなく一般的な味なのですごくかきこめます。

汁ものの味噌汁です。

f:id:jijikokkoku:20180319072613j:plain

具はネギと丸まってる麩のみのシンプルなものです。
温かくてほっとします。

そして、メインです。

f:id:jijikokkoku:20180319072635j:plain

衣はサクッと上がっているのですが、中の豚ですね。
重量感があります。
少し重めなんです。
そして、味噌です。
味噌はどんな感じなのかイメージがつかなかったのですが、味は甘めです。
お祭りでよく出ている味噌田楽ってあるじゃないですか。
まさにあれですね。

でも、他のおかずも自己主張が薄いなあと思っていたのですが、それは味噌トンカツのためだったんですね。
味噌トンカツの存在感がすごいです。
っぱない、というやつでしょう。
若者言葉で言うならマジ卍。

ご一緒した人はこちら。

カキフライ定食 600円(税込み)

f:id:jijikokkoku:20180319072724j:plain

こちらもメイン以外は一緒です。
なので、メイン画像を載せておきます。

f:id:jijikokkoku:20180319072743j:plain

こちらは大きなカキが5個も入っています。
頃っとしていますし、色も綺麗なきつね色です。
みているだけでプリプリしていました。
宮城の松島はカキが名産ですから。
カキ小屋なんかもありますしね。


これには、ちゃんとマヨとソースも。

f:id:jijikokkoku:20180319072812j:plain

こちらも私が食べたのもさくさくでした。
美味しかったです。

ありがとうございました。

味噌トンカツをちょっと無理してオーダーしてしまいすみませんでした。
このほかにテーブルにお茶こぼしたりいろいろやらかしましたがこころよく店員さんがおしぼりを貸してくれました。
帰り際には靴も出していてくれてました。

店員さんの感じも良いお店でした。

ごちそうさまでした。

詳細情報
店名:祭居酒屋 みこし
住所: 宮城県仙台市青葉区国分町2-15-10 JPビル4F
営業時間:月~日 24時間営業 (ランチは14時まで)
定休日:年中無休
駐車場:なし