tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMのチャートが見やすいのは?それぞれの特徴について

仮想通貨の中でもビットコインに次いで注目の銘柄であるNEM。NEMの取引をする際に目安となるのが各取引所のチャートです。

価格相場の変動を分析するうえで、チャートの存在は欠かすことはできません。
ここでは、数ある仮想通貨取引所の中から、NEMのチャートが見やすいと評判の取引所をいくつか紹介します。

NEMのチャートがわかる取引所と特徴

日本国内の仮想通貨取引所でNEMを取り扱っているところは限られています。
NEM流出事件で有名になってしまったコインチェックもそんな数少ない取引所の一つだったのですが、ここではコインチェック以外でNEMを取り扱っている取引所を紹介します。

Zaif

Zaifは2015年3月4日に開設された仮想通貨取引所で、大阪にあるテックビューロ株式会社によって運営されています。

「日本円と仮想通貨のトレード」と「仮想通貨同士のトレード」の両方を日本で初めて取り扱った取引所がこのZaifで、日本の仮想通貨トレーダーからその先進性の高さが評価されています。


Zaifは仮想通貨の取引だけでなく、日本発のICOプラットフォームを展開したり、ハードウエアウォレットの販売といったことも行っています。

NEMとの関連性が高い

NEMと言えばZaifというくらいに、ZaifとNEMの関わりはとても深いです。


Zaifの運営会社であるテックビューロ株式会社はNEMを活用するためのICO「COMSA」を発表したり、プライベートブロックチェーンの「mijin」を発表したりといった風に、NEMに力を入れています。


そういった日本におけるNEMの認知度向上のための活動が認められ、代表の朝山貴生氏は発行者であるNEM財団から「Director of NEM Japan」に任命されています。

スマホアプリが使いやすい

Zaifではパソコン版のほかに、スマホアプリ版も配布しています。


スマホアプリ版は操作が簡単で見やすいことから利用者からの評判もよく、NEMの取引にもきちんと対応しています。
また、Zaifの特徴は指値注文ができるという点です。


売りたい価格・買いたい価格を指定して取引ができる指値注文は、トレーダーが希望する価格で取引を行うことができるため、うまくいけば通常よりも大きな利益を生み出してくれます。


チャートはローソク足チャートで、「1分・5分・15分・30分・1時間・4時間・8時間・12時間・1日・1週間」と細かく時間設定ができます。


また、更新頻度の設定も「リアルタイム・0.3秒・1秒」と3パターンを使い分けることができます。

PC版はチャートを細かくチェックする事ができる

Zaifのパソコン版のチャートは、スマホアプリ版のように見るだけでなく細かくカスタマイズができます。


テクニカル指標をもとに取引を行っているトレーダーにとっては、自分専用にカスタマイズができるパソコン版のチャートの方が使い勝手がよいでしょう。


テキスト(文字)の挿入やピッチフォークの設定変更などもできますので、初心者のトレーダーも書き込みをしながらチャートの見方を覚えて行くことができます。

DMMビットコイン

DMMビットコインは、その名の通り、大企業DMMが開設した仮想通貨取引所です。


2018年1月にサービスを開始したばかりですので、日本の仮想通貨取引所の中ではまだまだ若い存在ですが、NEMをはじめビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュの7種類の銘柄を取り扱っています。


この7種類の中で現物取引を行っているのはビットコインとイーサリアムの2銘柄のみで、そのほかの銘柄に関してはレバレッジ取引のみとなっています。

アルトコインのレバレッジ取引ができる

DMMビットコインは、アルトコインでレバレッジ取引を行うことができる日本唯一の仮想通貨取引所です。


レバレッジ取引とは、自分の所持金を担保にすることで所持金以上の大きな金額の取引を行うことです。


DMMビットコインではNEMもレバレッジ取引の対象銘柄ですので、少ない所持金でNEMの大量取引も可能です。

セキュリティーがとても高い

DMMビットコインでは利用者の資産をコールドウォレットで管理しています。
コールドウォレットは、インターネットと接続されていないオフラインのウォレットですので、外部からのハッキングに強いことが特徴となっています。


さらに、DMMビットコインでは2段階認証を設けていますので、不正ログインを未然に防ぐことができます。

スマホアプリが使いやすい

DMMビットコインのスマホアプリのチャートは、スッキリした画面設計で見やすいと評判です。


操作も直感的に行えるように設計されていますので、「売り/買い」の瞬間にワンクリックで取引を完了できます。


パソコン操作ができない環境でも、スマホにアプリをインストールしておけば手軽にNEMの取引を行えるのでとても便利です。

NEMの取引は国内の方が良いのはどうしてか?

NEMは海外の取引所でも取り扱われている仮想通貨ですが、日本人のトレーダーならば日本国内の取引所を利用した方がよいです。


それはなぜなのか?その理由を説明します。

海外取引所だと日本円が使えない

海外の取引所の中には対応している法定通貨がドルのみ、またはドルとユーロのみというところが多いです。


NEMに対応しつつ、日本円にも対応している取引所は少ないので、日本の取引所を利用した方がスムーズな取引を行うことができます。

英語ができないとわかりにくい

海外の取引所の中には日本円に未対応なだけでなく、日本語にも対応していないところも多いです。


英語の読み書きができるトレーダーなら問題ないですが、英語が苦手なトレーダーなら簡単な取引にもストレスを感じてしまいます。


また、なんらかのトラブルが発生した場合、その問い合わせも全て英語で行わなければいけなくなります。

NEMのチャートから先を予測する事が大事!

NEMはビットコインに次ぐ注目度の仮想通貨とはいえ、未だ価格は安定していません。


チャートを分析し、値動きについて予測を立てられるようにならなければ、NEMの取引で利益を得ることは難しいです。
そのためにも見やすいチャートの取引所を利用し、NEMの価格変動を簡単に理解できるようにしておいた方がよいでしょう。