tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMと仮想通貨の取引の将来性についてを簡単に説明!

すでに1000種類を超える銘柄があるアルトコインの中でも、高い人気と注目度を誇っているNEM。

コインチェックのNEM盗難事件からも分かるように、とても価値のある仮想通貨として、すでに世界中のハッカーから狙われる存在へと成長しています。

この記事ではそのNEMの特徴や人気の理由、そして仮想通貨の将来性について解説します。

NEMとは?仮想通貨としての特徴について

NEMという名称は「New Economy Movement(新しい経済運動)」の略で、通貨名は「XEM(ゼム)」です。

NEMは単なる通貨という枠だけではなく、ブロックチェーンを活用した新しい経済圏を創出するためのプラットフォームとして誕生しました。

そのNEMという経済プラットフォームの中で運用され通貨がXEMで、NEMを利用して行われる取引は全てXEMが使用されます。

POIのアルゴリズムを採用している

NEMで活用されているコンセンサスアルゴリズムは「POI(Proof of Importance)」です。
このPOIの特徴はコインの集中化を防止することです。

この特徴のおかげでNEMは一部のトレーダーに報酬が偏らないようになっているため、NEMで取引を行う全てのトレーダーに平等に富が分配されるようになっています。

マイニングのアルゴリズムが違う

ビットコインのマイニング(採掘)はPOW(Proof of Work)というコンセンサスアルゴリズムに基づいて行われているのですが、NEMはPOIに基づいてマイ二ングが行われています。

NEMの場合、正確にはマイニングではなく、ハーべスティング(収穫)と呼ばれます。
POIではNEMでの取引回数とコインの保有量でハーべスティングの成功率が決められるため、NEMで取引を行えば行うほどハーべスティングの成功率が増える仕組みとなっています。

新発行しないので希薄化しない

NEMから発行される仮想通貨のXEMは、総発行量8,999,999,999XEMです。


この8,999,999,999XEMはすでに約1,600人の投資家に均等に分けられており、それがNEMの利用者(ネットワーク貢献者)へハーべスティングという形で分配されます。

NEMには新規発行というものがなく、8,999,999,999XEMがこの世の中にある全てのXEMで、これらが循環することでNEMの経済はまわって行きます。

NEMが注目される3つの理由

数あるアルトコインの中でも世界的に注目されているNEM。
このNEMがなぜ世界中から注目されているのか、その理由を3つ紹介します。

NEMは秒間4桁の取引が可能

ビットコインが秒間で7件の処理しかできないのに対し、NEMは秒間で4ケタの取引を処理できます。

仮想通貨は法定通貨に比べて取引スピードが早いことが売りとなっていますが、NEMの取引量と処理スピードは数ある仮想通貨の中でも特に際立っています。

仮想通貨の中でも承認時間が短い

送金などの取引の際、NEMは承認時間を約1分で済ましてしまいます。
ビットコインの承認時間は約10分なので、NEMはビットコインの10分の1の時間で着金を終えることができるのです。

NEMはビットコイン以上に金融関係者から高い注目を集めている理由は、承認時間が短く取引量が多いという理由からなのです。

誰でもトークンを作成する事ができる

NEMはブロックチェーンを活用した多目的プラットフォームなので、仮想通貨の取引以外のさまざまなことを行うことができます。

その中でも特筆すべきなのが、独自トークンを発行できるという点です。

独自トークンの発行は、NEMと同じブロックチェーンプラットフォームのイーサリアムも出来ますが、イーサリアムの方はブロックチェーンを理解しているエンジニアのみがトークンを発行できます。

しかし、NEMはブロックチェーンはおろか、プログラミングを全くできない素人でも独自トークンを発行できるのです。

NEMは仮想通貨の中でも実用性が高く将来性が高い

NEMが金融関係者や仮想通貨トレーダーから注目を集めている理由は、ビットコインよりも大量の取引をスピーディーに処理してしまうことができる能力を持っているからです。
つまり、金融商品としての高い実用性があるからこそ、NEMは高い評価を得ているのです。

さらに、NEMの発展はまだ続いており、2018年中に取引スピードをさらに上げるカタパルトが実装される予定だと発表されています。

選挙で利用される可能性がある

NEMのAPIの中に「Voting」というものがあります。
このVotingはブロックチェーンテクノロジーを応用した「改ざんできない投票ツール」で、
このVotingを使えば選挙の際の投票で不正を確実に防ぐことができます。


現在はまだ実用化されていませんが、将来的にはVotingが選挙の投票や株式の議決に採用されるのでは?と予測されています。

マルチシグが社内セキュリティに使える

仮想通貨を取り扱う際に、最も重要視されるのはセキュリティ能力です。
NEMはマルチシグ(複数承認)を導入していますので、セキュリティ能力がとても高い仮想通貨として知られています。

このマルチシグは仮想通貨の管理だけではなく、社内セキュリティや企業の資金管理にも使うことができるため、自社のセキュリティ向上のためにマルチシグを導入して取引を行っている企業も現れています。

証明書発行ツールの多様性がある

NEMのAPIの一つである「アポスティーユ」は証明書発行ツールです。
このアポスティーユは、ブロックチェーンテクノロジーを利用して改ざん不可能な証明書や契約書を発行できます。

その発行できる証明書や契約書の種類は多種多様で、特許・自動車・アート・宝石・音楽などありとあらゆる所有権の登記書類を作成できます。


さらに、議事録・音声記録・タイムテーブルなどのタイムスタンプ記録・会計データ・売り上げデータなどの監査が必要となる書類も作成できるのです。