tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMのウォレットのおすすめと使い方まとめ

人気の仮想通貨であるNEMですが、NEMを保管できるウォレットの種類は多く、どのウォレットに入れておくのが最も良いのか悩んでしまう人も多いと思います。

この記事では、NEMのウォレットの中から、おすすめのものをいくつかピックアップして紹介します。

NEMのウォレットはいくつかある中から決める

NEMを保管できるウォレットにはそれぞれ特徴があります。その特徴を理解して、自分の用途にあったウォレットを選んで使用すると良いです。

NEMのウォレットの代表的なものとして、「Nano Wallet」「DMM Bitcoin」「Zaif」の3つがあります。
ここでは、その3つのウォレットの特徴と使い方について解説します。

Nano Walletの特徴

Nano WalletはNEMの公式ウォレットなので、NEMを扱うには最も信頼性の高いウォレットだと言えます。


NEMという仮想通貨の特徴は、NEMのプラットフォームを通じて取引を多く繰り返すことで、NEMの基軸通貨であるXEMのハーベスティング(収穫)ができることです。


このハーベスティングは、ビットコインでいうマイニング(採掘)にあたります。
Nano Walletは、NEMを一定量以上入れておくことで自動的にハーベスティングが行われ、まるで銀行預金の利子のようにXEMが増えて行くのです。

Nano Walletの使い方

Nano WalletはNEMの公式サイトからダウンロードして使用できます。日本語にも対応していますので、日本人でも迷わずアカウント登録を行うことができます。

Nano Walletの最大の特徴であるハーベスティングのやり方ですが、NEMを10,000XEN以上入金することで可能となります。

また、Nano Walletの設定画面から「デリゲートアカウント(委任アカウント)管理」→「モード選択」→「委任有効化」と設定することによって、インターネットと接続していないオフライン環境でもハーベスティングが可能となります。

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは誕生してまだ間もない仮想通貨取引所ですが、日本で唯一アルトコインでのレバレッジ取引ができる取引所として人気があります。


NEMもアルトコインの1種なので、当然、レバレッジ取引の対象です。


DMM Bitcoinは、大企業であるDMMが運営している取引所なので、倒産などの心配が少ないことから安心して利用できます。
また、アプリ版の使いやすさも評判となっています。

DMM Bitcoinの使い方

DMM Bitcoinには、ウォレット口座とトレード口座の2種類の口座があります。
ウォレット口座は資金を入れておくだけの口座なので、NEMの売買やレバレッジ取引など
を行うことができません。

DMM BitcoinでNEMの取引を行いたいのであれば、ウォレット口座からトレード口座へ資金を移動させる必要があります。

NEMを一時的に保管しておくだけでよいのであれば、ウォレット口座だけで充分ですが、それ以上のことを行いたいのであればトレード口座も開設しなくてはならないのでやや面倒です。

Zaifの特徴

Zaifは日本の仮想通貨取引所ですが、日本におけるNEMの認知活動が評価されて、NEM財団から正式にNEMのマーケティングや普及活動を任されているほどNEMと縁が深い関係です。

ZaifはNEMを活用した日本独自のICOである「COMSA」を展開しており、日本で最もNEMと連携している取引所となっています。

Zaifの使い方

Zaifウォレットを使用するには、Zaifのアカウント登録が必要です。
Zaifでは、取引所とウォレットが連携しているwebウォレットを使用することになりますの
で、資金の保管からトレード(取引)までをスムーズにワンストップで行うことができま
す。


しかし、webウォレットはオフラインで資金が保管されるのではなくオンライン上に保管されるため、セキュリティ面での不安がつきまといます。

NEMのウォレットを人気で選ぶならNano Wallet

NEMを保管できる3つの代表的なウォレットを紹介しましたが、NEMのユーザーにとって最も人気が高いのはNano Walletです。

Nano WalletはNEMの公式ウォレットなだけあって、利用することでさまざまなメリットがあります。
ここでは、そのNano Walletの特徴や人気の理由について解説します。

Nano Walletの特徴

Nano WalletはNEM財団が公式ウォレットに指定しているだけあって、NEMの保管に特化した機能を持っています。

その機能のなかでも特筆すべきものは、やはり自動ハーベスティングの機能です。
設定次第ではオフラインでもハーベスティングを行ってくれるので、一定量のNEMをNano
Walletに保管しておくだけで、自動的に増えて行きます。

つまり、Nano Walletを使えば、何もしなくてもお金が勝手に増えて行くのです。

なぜNano Walletが人気なのか?

Nano Walletの人気の理由は、上記に述べたハーベスティング機能のおかげです。

また、NEMの公式ウォレットなのでNEMの保管や管理・運用に対するセキュリティ能力が高く、NEMは取引所に保管しておくよりもNano Walletに保管しておく方が安全とまで言われています。

セキュリティ能力の高さと自動ハーベスティングという2つの突出した機能のおかげで、Nano WalletはNEMユーザーから高い人気を得ることに成功しているのです。

Nano Walletの登録方法

Nano Walletの登録は、NEMの公式サイトから行うことができます。


「Nano Wallet」という項目がありますので、そこをクリックして「SIGN UP(アカウント
作成)」をクリックすれば登録画面になります。

日本語にも対応していますので、日本人でも迷うことなくスムーズにアカウント登録できるので安心です。

アカウント登録の際の注意点としては、Nano Walletは「シンプルウォレットの作成」をクリックすることで生成されるのですが、その時「ウォレットファイル」と「プライベートキー」という数字列が表示されます。

これらはウォレットのデータを表す重要なものなので、ファイルに保存してオフラインで保管するようにしましょう。

ウォレットは自分が使いやすいところを選ぶ事!

NEMを保管するためのウォレットでおすすめなのはNano Walletと紹介しましたが、使う人にとってウォレットの使いやすさはそれぞれ異なります。


NEMの保管だけでよいのか、取引を行いたいのかなど、自分の目的に合ったウォレットを使うことが一番です。
いくつもの情報に触れ、自分にとって最も使いやすいと感じるウォレットを選ぶようにしましょう。