tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMの価格がこれから「高騰する」は信じていいのか?

仮想通貨のNEMは仮想通貨取引所コインチェックへの不正アクセスによる資金流出事件で一気に有名になってしまいました。
この事件はNEM自体に問題があったわけではなく、あくまでコインチェックのセキュリティの問題だったという認識が広まっています。

事件がひと段落して、NEMの価格がこれから高騰すると予想している人も多いようです。
今後のNEMの価格動向について予想してみましょう。

まずはNEMの基礎知識から学ぶ

NEMとはどのような仮想通貨なのでしょうか。
NEMの基本的な特徴について説明します。

2015年に公開された仮想通貨である

NEMは2015年3月に誕生した仮想通貨です。
NEMは、元々は、New Economy Movementの略称でした。

NEMの通貨単位は「XEM(ゼム)」、総発行量は8,999,999,999XEMとなっています。
ビットコインのようにマイニング(採掘)という通貨の新規発行は行っておらず、ハーベスティング(収穫)という方法で分配をしています。

テーマは金銭の自由と分散と平等

NEMは「金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則」に基づいて、新しい経済圏の創出を目標としてスタートした仮想通貨のプロジェクトです。
他の仮想通貨の場合は管理主体を持っていないものが多いのですが、NEMにはNEM財団という管理主体が存在しており、上記の目標を実現させるべく活動しています。

アルゴリズムはPOIを採用している

NEMの合意形成のアルゴリズムにはProof of Importance(PoI)が採用されています。
これは仕事量による合意形成のアルゴリズムであるProof of Work(PoW)や、所有量による合意形成のアルゴリズムであるProof of Stake(PoS)とは異なり、重要度による合意形成を行うアルゴリズムです。

PoIは、大量の電力を消費することなく、積極的にNEMのコミュニティに参加することにより、インポータンスというPoIスコアが上昇する仕組みとなっています。
つまり、NEMのネットワークを活用すればするだけPoIスコアが上がり、NEMを入手しやすくなるという機会の平等が与えられているのです。

NEMの価格の推移について

それではこれまでのNEMの価格推移について見てみましょう。

流出事件で一時的に価格が下落

NEMは2017年1月時点では1NEMあたり0.4円ほどでしたが、その後急激に価格が上昇して2018年1月には1NEMあたり250円を超える価格を付けました。
これは、仮想通貨全体の価格上昇の影響もありますが、NEMと関係の深いテックビューロ社が日本で初めてのICOプラットフォームのCOMSAを発表したことがNEMの価格高騰の要因のひとつと言われています。

COMSAとは、ブロックチェーンを活用したICOの基礎となるサービスのことで、COMSAではNEMの技術を利用していくとしていたことから、NEMの需要が上昇したとされています。
しかし、その後、コインチェックのNEM巨額流出事件をうけて、NEMの価格は暴落します。
一時1NEMが20円まで下落しました。

2018年1月からは上昇し続けている

その後、NEMそのものには何の問題もなかったことが判明し、徐々に価格は回復して上昇基調に戻りましたが、2015年5月12日現在で1MEMあたり約33円と、まだ上昇の余地はあるものと考えられています。

カタパルトの採用とバージョンアップにより今後も上昇の予想

NEMにはカタパルトが実装されるという予定があります。
カタパルトとはNEMのブロックチェーンを強化するもので、秒速3,000~4,000回という取引を可能にするものです。

また、mijinというNEMのプラットフォームの導入も検討されています。
mijinは、どんな人でも簡単に最新のブロックチェーン技術を使用することが可能なシステムと言われています。
これらの新しい技術の導入により、NEMは今後も価格が上昇すると予想されています。

NEMの価格が上昇すると予想される理由

NEMの価格が上昇すると予想されている理由について、もう少し詳しく考えてみましょう。

バージョンアップしたカタパルトの実用が2018年に行われる

前述したように、あらたにカタパルトと呼ばれる新たな技術の導入が2018年に実施されると予想されています。
カタパルトの実装は具体的にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

一つ目は「On-Chain Asset Modeling」という、全ての資産が開発者なしで一括で管理できるようになることです。
もう少しわかりやすく言うと、全ての資産をトークン化して、ブロックチェーン上での管理が可能になります。

二つ目は、「Smart Signing Contract」という、セキュリティの向上を図れるという点です。
三つめは、「Aggregate Transaction」で、複数のトランザクションを、一定の条件の基で、一度にまとめて処理することです。
このカタパルトが実装されればNEMの利便性は大きく向上することから、価格が上昇すると考えられているのです。

買い物時の支払いの時間短縮ができるようになる

カタパルトをmijinのプラットフォームに実装することで、決済スピードがかなり速くなることが考えられますので、ショッピングにかかる時間を大きく短縮できる可能性があります。

2025年までに1000円を超える可能性が大きい

このようにNEMは大型のアップデートを控えており、今後の価格上昇が期待されています。
巨額流出事件の影響で、一時は大きく価格を下げましたが、2025年までには1NEMあたり1,000円台に乗せることも考えられるとされています。

大物投資家の投資が集中する事が予想される

NEMのバージョンアップなどの情報によっては、今後大物投資家がNEMへの投資を集中させる可能性も十分に考えられます。
NEM関連のニュースに注意しておくことは非常に重要だと考えられます。