tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMでハーベスト!って何?という人のための簡単な説明書

ビットコインでは新規に通貨を発行するためにマイニング(採掘)という手法が採られていますが、NEMの場合にはマイニングは行われず、ハーベスト(あるいは、ハーベスティング)という方法でNEMの取引の承認報酬を得ることができます。
「ハーベスト」とは収穫の意味です。
NEMのハーベストについて説明します。

NEMをハーベストで増やして稼ぐ人がいる

NEMのハーベストに参加することで、無料でNEMを手に入れることができます。
実際にNEMを購入する以外にNEMを入手できる方法はハーベストのみなのです。

NEMのハーベストの基礎知識

それではNEMのハーベストの基礎的な情報について解説します。

NEMのブロックチェーン上の取引の承認作業

NEMも、ビットコインなどの他の仮想通貨と同様に、取引が正当であると承認されることが必要です。
この承認作業のことをハーベストと呼んでおり、NEMの特徴のひとつとなっています。

一定条件をクリアしていれば誰でもできる

NEMのハーベストを行うためには、10,000XEM以上のNEMを保持していること、Nano WalletというNEMが開発したNEMのためのウオレットを用意していること、が必要です。
この他には特に難しい条件はありません。

報酬はランダムで支払われる

ハーベストは、約1分に1回実施されていて、その1分間に取引が発生しなければ手数料は支払われないため、ハーベスト(収穫)をしても報酬を受け取ることはできません。
誰が収穫するか は、Importance(重要性)を元に、ランダムに決まっているようです。

ランダムではありますが、上記の条件をクリアしている人であれば、承認報酬は平等に配布される仕組みになっていますので、マイニングのように高性能のマイニング用機器を揃える必要はありません。
Importanceが高いほど、分子が大きくなることになりますので、ハーベストできる確率が高くなります。

また、Importanceは、NEMの保有量をベースに、取引数、取引量、取引相手、などを考慮して決められています。
この仕組みをProof of Importance(PoI)と呼びます。

マイニングとの大きな違い

ハーベストとマイニングの違いはどのような点にあるのでしょうか。

膨大な電力を必要としない

マイニングの場合は、マイニング用の機器を動かすために膨大な電力を必要とします。
すなわち、多額の電気代がかかるということで、マイニングがうまくいかなければ電気代ばかりかかって赤字になってしまうこともありえます。

そのためマイニング業者は少しでも電気料金が安い場所にマイニング拠点を構えようと考えています。
結果的に、特定の地域にマイニング業者が集まってしまうという現象が起きてしまうこともあるのです。

また、電気の供給が不安定な地域でもマイニング事業を進めることは難しいと考えられます。
したがって、電気供給が安定していて、しかも電気料金が安い国や場所(中国やロシアなど)はマイニング事業の集積地となりうるでしょう。

しかし、ハーベストについては、そのような条件はありません。
必要とする電力量もわずかです。

ハイスペックなPCを必要としない

マイニングにはハイスペックなPCが何台も必要で、そのPCの熱排気システムの整備なども含めると多額の投資が必要なビジネスになっています。
現在あらたにマイニング事業に参画するためには、多額の資本に裏打ちされた大手企業などでないと難しくなってきています。

ところがハーベストは普通のPCで十分に対応できます。
NEMでは、汎用のPCを用いてハーベストを行うことが可能なので、参入障壁も低く、電気代を気にする必要もありません。

ローカルハーベストとデリゲードハーベストの違い

ハーベストには、ローカルハーベストとデリゲードハーベストがあります。
ローカルハーベストとは、自分のパソコンを使ったハーベストのことです。
ボタン1つですぐに始められ、手数料がかからない点にメリットがありますが、電気代がかかることはデメリットです。

デリゲードハーベストとは、第三者に手数料を払って、作業を委託(デリゲート)するハーベストのことです。
PCの電源を切ってもハーベストが続行されるメリットはありますが、手数料がかかるデメリットがあります。

NEMでハーベストをする方法・手順

NEMでハーベストをする時の手順について説明します。

10000XEM以上の有効なXEMを保有する

まずは、NEMを購入などして、10,000XEM以上の残高を保有することです。
この場合NEMが有効になっている必要があります。

Nano Walletに一定期間保有する

Nano Walletをインストールして、一定の期間、NEMを保有する必要があります。

既得バランスを10000以上にしてあとは待つだけ

最後に既得バランスを10,000XEMにしておいて、あとはハーベストの結果を待つだけです。
既得バランスとは、送金したNEMの枚数を分母として、1日で約1/10程度増えていくものです。
つまり、10,000XEMを送金したとしても、既得バランスが10,000以上になるには10日間ほどかかることになります。


早くハーベストを始めたい人は、例えば、20,000XEM以上の残高(既得バランスではなく)を保有する必要があります。
この場合は5日間ほどで既得バランスが10,000XEMを超えるでしょう。

Nano Wallet以外ではハーベストはできない!

NEMのハーベストはNano Walletでしか行うことができません。
したがって、ハーベストのためには、Nano Walletの準備は必要不可欠です。