tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMの今後の予測と投資するだけの将来性があるのかを解説

NEM(ネム)は仮想通貨ナンバーワンの知名度を誇るビットコインの弱点を改善し、バージョンアップさせたようなアルトコインです。2015年3月31日から開始され、その性能と将来性の高さから時価総額ランキングでも上位に位置しています。

NEMはもともと「New Economy Movement(新しい経済運動)」の省略で、金銭的な自由や分散化そして平等など、連帯感の原則に基づいた新しい経済圏の創出を目標として始められた仮想通貨のプロジェクトです。

単位は「XEM(ゼム)」で表し総発行量は8,999,999,999XEMです。NEMの開発には日本人が関わっていることや国内の取引所でも取り扱われていることから、日本でも知名度の高い仮想通貨です。

NEMの今後はどうなる?

2015年から始まった仮想通貨NEMは1000種類以上もある仮想通貨の中でも時価総額ランキング上位を位置していました。しかし2018年1月26日に世界中を驚かせた衝撃的なニュースが発覚しました。国内ではコインの種類が豊富なことでも有名な取引所コインチェックから、過去最大でもある580億円相当のNEMがハッキングされてしまったのです。

このショッキングなニュースは国内だけでなく世界中に広まり一時的ですがNEMの価格は急落してしまいました。しかしNEMがハッキングされてしまったのには取引所コインチェックのセキュリティに原因があったことが、次第に広まり急落していた価格も一定で下げ止まりました。

大物投資家が集中する可能性が高い

2018年のハッキング事件で一時的に急落してしまったものの、性能の高さそして今後もっとセキュリティ面や機能面がバージョンアップすることが予想されています。第一歩として2018年内には大型アップデートプロジェクト「カタパルト」が実装されることが発表されていました。

これらの将来性を考え、1000種類以上ものアルトコインの中でも特に機能面の優れた NEM はたくさんの投資家たちに注目されるようになるでしょう。

2025年までに価格が急上昇する可能性が高い

海外メディアの調査結果によるとNEMの安全性の高さや今後の価格の高騰が発表されています。一時的にネガティヴなイメージを持たれてしまったNEMですが、決してNEMのセキュリティ面が悪かったわけではありません。

むしろ仮想通貨の中でもセキュリティに関してはかなり強いので違法アクセスなどにより利益が奪われるようなことはありません。ある意味ハッカーに狙われるほどのすごい価値のある仮想通貨なのです。

NEMが今後も価格上昇する理由について

一時急落したにもかかわらず今後の価格上昇は間違いないだろうと予想されている、その詳細な理由を見ていきましょう。

カタパルトによって決済が早くなる

「カタパルト」と呼ばれるプロジェクトはNEMの機能面を今以上に向上させる大型アップデートのことです。それによりスピードとスケーラビリティを大きく改善そして集約トランザクションさらにマルチレベルマルチサインアカウントの追加が行われたことが発表されています。

そもそもの構造の根本的な見直しを行い使用感や利便性を損なわせずに、柔軟性や処理能力そしてセキュリティなどの多くの能力を飛躍的に向上させました。カタパルトによって向上した送金処理能力は、仮想通貨の中では早いとされていたリップルの約1500件/秒の倍以上の数字になりました。

「平均3000件/秒 最高4142件/秒」もの取引データ件数の処理がカタパルトの実証実験により確認されました。ちなみに世界一の送金処理能力を誇るクレジットカード「VISA」は、約4000件〜6000件/秒です。

カタパルトによって他の仮想通貨との圧倒的な差が生じただけでなく、今後は世界一をも追い越してしまうのではないかと予想されています。

NEMの技術が実用に向いている

NEMのアポスティーユ(公証機能)はブロックチェーン上で契約や証明書など文書の発行ができるシステムです。不正や改ざんが困難なシステムの性質上、発行時の日付などが正確な記録として残るので信頼性の高い仕組みになっています。

イーサリアムの「スマートコントラクト」機能と似ていますが、NEMのアポスティーユは個人など小規模な利用が可能です。将来的にはこの機能を利用したシステムやサービスが増えることが予想されています。

さらにNEMの開発チームによって生まれたオリジナルブロックチェーン「mijin」、金融機関から個人的な利用まで幅広いニーズに応えられるシステムが開発されました。これらのNEMの技術は今後より実用化されることが予想されます。

Eigan trust++を実装している

NEMは「Eigen Trust++」を実装することによりセキュリティシステムが強化されました。Eigen Trust++は悪意のある攻撃からブロックチェーンを守るためのシステムです。さらにアカウント情報をNEMのネットワークから切り離し、管理することでNEMの所有者を守るための工夫をしています。

これらの完璧に近いシステムによりNEMの安全性は他の仮想通貨に比べても、飛び抜けて高いことがわかっています。

NEMは今後まとめ買いがお得な理由

ビットコインでいうマイニング(採掘)のようなシステムがNEMにもあります。それが「ハーベスティング(収穫)」という、取引が正当かどうかの承認作業を行うことによる対価、いわゆる報酬をもらうことができます。

平等で誰でも手に入れられるような仕組みになっているハーベストは、初心者にもできるくらい簡単で放置しているだけで稼げることから割が良いと好評を得ています。

ハーベストに参加するならまとめ買いが必要

ハーベストはNEMのネットワークを積極的に使用した人に利益を与えるという仕組みになっています。その条件としてハーベスティングするには最低でも10,000XEMが必要です。一年前まではおよそ1万円相当でしたが、2018年5月ではおよそ46万円相当です。

価格が上昇しているタイミングでのまとめ買いは高い気もしますが、ビットコインのマイニングに必要な膨大な額に比べれば低いコストで始めることが可能です。ハーベストに参加するには条件のNEMをまとめて購入する必要があります。

Nano Walletのみハーベストに参加できるので注意

今後NEM自体の価格上昇にともないハーベスティングでの利益を見込めるとなると、ハーベストへの参加は投資のしがいがあると言えます。そしてハーベストへの参加条件として10,000XEM以上のNEMを「Nano Wallet」で保管する必要があります。

Nano WalletとはNEMの公式ウォレットのことで、ハーベストへの参加だけでなく自身でNEMを管理することによる安全性の向上も期待できます。

NEMは今後も成長し続けるので投資に向いている

NEMの技術を導入する企業は現段階ですでに400社以上で今後も増えていくと見られています。2018年に実装されるカタパルトによって予想されているNEMの価格上昇など、将来性から見ても成長し続けるNEMは投資に向いている仮想通貨でしょう。