tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

NEMのカタパルト実装はいつ?延期の可能性と具体的な時期

新しい経済圏を作ることをテーマに作られた仮想通貨「NEM(ネム)」は1000種類以上もある仮想通貨の中でも人気で時価総額ランキングでも上位に位置しています。しかし2018年1月26日に発覚した約580億円相当ものNEMがハッキングされるという巨額な事件によって、NEMのセキュリティが危ないという誤解が生まれてしまいました。

この事件によって一時的ですがNEMの価格は大暴落せざる終えませんでした。国内の取引所でも多く取り扱われているNEMですが、この連日報道された事件によりNEMの存在を知ったという方も決して少なくありません。

そのため「NEMは危ない」「ハッキングされた」という悪いイメージが一時的に広まってしまいました。

NEMがカタパルトをついに実装!

2018年の事件により一時壊滅的な価格まで急落すると予想されたNEMですが、なんとか50円ほどに下げ止まりました。それはこの事件の原因が仮想通貨NEMではなく取引所コインチェックによるものだったことと、今後実装されるカタパルトへの期待からNEMは将来性のある仮想通貨だからです。

そして2018には予定されていることが決まっていた「カタパルト」ですが、世間からの期待や注目と共についに実装されます。

NEMのカタパルトを簡単に説明

「カタパルト」とは航空軍事用語で航空機を勢いよく飛び立たせるための装置、飛行機射出機を意味します。仮想通貨NEMにおける「カタパルト」とはあくまでもプロジェクトの名称のことです。ではなぜこのような意味を持つネーミングになったのでしょうか。

それにはロケットなどが勢いよく発射するという意味から、このプロジェクトによりNEMの価格が飛躍的に伸びて欲しいという切実な願いが込められているようです。

カタパルトとはNEMの大型アップデートのようなもの

仮想通貨NEMのプロジェクト「カタパルト」とはNEMの機能を向上させる大型アップデートのようなものです。単なるアップデートではなく大幅な向上が期待されていることから「カタパルト」という表現になっているのでしょう。

NEMがカタパルトを実装すると何が変わるのか

NEMがカタパルトを実装すると送金処理能力が向上し、「アグリゲート・トランザクション」という機能が追加されます。この2つの改善により何が変わるのかその効果を詳しくご説明します。

取引する時の送金スピードが上がる

カタパルトによる実証実験では「平均3000件/秒 最高4142件/秒」の取引データ件数を処理することが可能でした。この1秒間に3,000〜4,000件もの送金処理能力はほかの仮想通貨と比較しても、格段な差があることがわかります。

NEM 平均3000件/秒

他の主要仮想通貨

ビットコイン 約14件/秒
イーサリアム 約15件/秒
リップル 約1500件/秒

仮想通貨といえば世界中で一番有名なビットコインは、1秒間に約14件ほどの送金処理能力しかありません。そして送金処理能力が早いとされるリップルでさえもカタパルト後のNEMの半分という結果です。

つまりたくさんの人が取引をしようとするとその取引量に対して処理速度が追いつかないので、送金手詰まりを起こしてしまいます。それにより送金手続きに時間がかかる、手数料が跳ね上がるという問題が起こってしまいます。

しかし1秒間に平均3000件もの送金処理能力をもつカタパルト後のNEMはこういった問題は起こらないと考えられます。この圧倒的な差で分かる送金スピードは今後のNEMの取引件数の増加を期待することができます。実用性がさらに高まることが予想されています。

ちなみに世界一のユーザー数を誇るクレジットカード会社「VISA(ビザ)」は約4000件〜約6000件/秒です。今後NEMのカタパルトはこの世界一の能力をも追い越してしまうのではないかと予想されています。

スマートコントラクト実装で改ざんリスクが無くなる

「スマートコントラクト」とは仮想通貨イーサリアムの契約を人の手を介さずに実行することができるシステムのことで、カタパルトによってNEMにもこれと同じような機能が追加されます。この機能の追加によって個人による改ざんリスクを無くし取引を速やかに実行することができます。

その追加される機能が「アグリゲート・トランザクション(複合トランザクション)」です。インターネットに詳しくない方は聞きなれない言葉だと思いますが「トランザクション」とはデータ管理システムの分割することのできない一連の処理の単位です。

つまり「ここからここまでをワンセットとして処理する単位を表す」のが「トランザクション」というわけです。仮想通貨においては「一連の取引記録が書き込まれたデータの処理」のことを表します。

そして「複合トランザクション」とは、基本的に複数のトランザクションをワンセットとしてとりまとめ、該当する全ての人の署名が完了するとその全ての取引が同時に決済できるシステムということになります。ようは関係者全員の署名がなければ、全ての取引ができないというわけです。

つまり取引において改ざんされるリスクが無くなるので、より信頼性の高い取引を実現することができます。

NEMのカタパルトの実装の時期は?

巨額なハッキング事件によってNEMにネガティブなイメージを持ってしまった方も期待している大型アップデート「カタパルト」ですが、いよいよ実装予定が発表されました。

2018年5月にいよいよ実装される予定

NEMの公式ツイッターによる発表では今年5月の実装が予定されています。具体的な時期は正式に発表されていませんが、カタパルト後のNEMはイーサリアムのスマートコントラクトシステムやリップルの送金処理能力を上回る機能が期待できます。

カタパルトによる価格上昇は誰もが想定するほど当然といえるでしょう。正式に決定すればNEMの価格上昇は時間の問題と思われますので、今のうちに購入している人も多いようです。