読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)に行く①

f:id:jijikokkoku:20170307075648j:plain
今回は向島に行く目的の中でもサイクリングと同じように楽しみにしていたチョコレート屋さん、USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)に行ったときの事(行き方)を記したいと思います。
まずこのチョコレートのとても良いところは砂糖以外の混ぜ物無し(無添加)でチョコレートをつくっているところです👍更にチョコレートを使ったホットドリンクがおいしいと評判なのです(^O^)
ところが、このウシオチョコラトルは、場所が丘の上にあるという結構大変な場所にあるチョコレート工場兼チョコレート屋さんなのです。車でナビを使用して行けば問題ないかもしれませんが、ナビ無しで方向音痴な人が自転車を走らせて行こうとすると多分大変な事になります。と、いうかなりましたので、後々の方々が迷うことなく行けるように我々がたどり着いた際のルート(行き方)を書き置きしておきたいと思います(本当はもっと良いルートがある気が…ま、いいや)

では、車やバイクを使用しない方はまず、自転車を借りてください(笑)
自転車はこのリフト券を持っていると少し(100円)割引が受けられます。
このブログでは、福本渡船を使用して向島に渡って行きましたのでそのルートで説明します。
まずは、島をぐるりと回る377号線をひたすら海沿いに西(反時計回りに)へ走ってください(逆回りでも行けますが)、工場群を抜けて住宅街を過ぎて海を眺めながらゆっくりと走っていると海が工場群の側の海と異なって綺麗になっていくのが分かります。天気が良ければ最高の気分でサイクリングを楽しめるでしょう(^.^)
f:id:jijikokkoku:20170302214114j:plain
このような景色を眺めながら走ること約40分、左手に「立花食堂」が見えてきます。
f:id:jijikokkoku:20170304094747j:plain
この立花食堂を通りすぎてしばらく進むとこのような道路標識が出てきます↓
f:id:jijikokkoku:20170302220549j:plain
まずは、ここを左に曲がって376号線に入ります!
そして道なりに少し進みますと、このようなミラーが出てきますので、ここを右に入ります↓
f:id:jijikokkoku:20170302221155j:plain
で、少し行くと二股に別れているので左へ進みますf:id:jijikokkoku:20170302222648j:plain(地図的には右からでも行けるようですが…ま、いいや)
地面があまり良い状態ではないので気を付けてください。少し不安になりつつも、山道を進みます。
f:id:jijikokkoku:20170302223656j:plain
すると、T字路になっているところに出ますのでここを右へ曲がります↓
f:id:jijikokkoku:20170302223847j:plain
後は道なりに進むだけです!
しばらく坂道をこなすと白くて横に長い建物が出てきます👍
f:id:jijikokkoku:20170302224908j:plain
一見するとチョコレート屋さん(チョコレート工場でもありますが)には見えないので気を付けてください(笑)
というのも、元々は「郷土文化保存伝習施設兼管理センター」であったようで、基本的な建物の造りは史料館的なものになっています。
そして入口はこの反対側の階段を上がったところにあります。
f:id:jijikokkoku:20170302225626j:plain
これでようやく到着です(^O^)
f:id:jijikokkoku:20170302225744j:plain
2階に上がるとお店の入口になります。
f:id:jijikokkoku:20170302225908j:plain
手作り感のある看板で良いですね👌
f:id:jijikokkoku:20170302230026j:plain
ちょっと長くなってしまったので、お店の紹介は次回に回しますm(_★_ )m
地図↓

自転車パーツのWiggle

食べてもいいダイエットって?その答えは、「ローカロ生活」です。

即時にお部屋を確保・予約完了♪ピーク時期・直前でのホテル予約も安心!

レンタカーなら日本旅行「旅ぷらざ」レンタカー

日本全国の高速バス予約はこちら!!