tanpoukiの日記

訪れた場所や気になったものをピックアップしてコメントします。主に旅行とグルメを題材にした記事になります。

高尾山の甘味処、有喜堂本店のまんじゅうがウマーな件!

f:id:jijikokkoku:20171113065431j:plain
高尾山と言えばケーブルカーや紅葉狩りが有名な観光地ですが、今回はその高尾山でもローカルな甘味処でお茶をしてきたのでそのことについて記したいと思います。

高尾駅前にある「有喜堂本店」

f:id:jijikokkoku:20171113065616j:plain
冒頭の看板には大本山高尾山御用達!っと書いてありましたね。
なんだかすごい迫力のある内容ですが、ものすごく控えめに記されています。
ここは、高尾山口駅前の通りにある和菓子の甘味処、有喜堂です。

なんでうも明治30年代に高尾山薬王院有喜寺から屋号として「有喜堂」をもらって、高尾山御用達として創業したんだそうです。それ以来現在まで お寺の御供物をはじめ高尾まんじゅう、高尾せんべい、大杉まんじゅう、栗羊かん等を、製造販売しているんだそうですよ。ちなみにこの店は、昭和2年の建築だそうで見た目にも老舗の雰囲気が漂っていますね。

昭和の雰囲気ってなんか落ち着くんですよね~。
近現代への過渡期にあるせいか人情味が残っている建物が大変良い味を出しています。

コーヒーセット(お菓子付き)

f:id:jijikokkoku:20171113071121j:plain
さてさて、高尾まんじゅう、高尾せんべい、大杉まんじゅう、栗羊かん等を、製造販売している有喜堂ですが、今回のレポートで全部を食べることなどできませんので、ちょっと立ち寄る形で楽しめる「コーヒーセット(お菓子付き)400円」をチョイスすることにしました。
写真を見ていただくと分かりますが、コーヒーに高尾まんじゅうがひとつ付きます!
高尾山への登山を終えた後にちょっとお茶したい、もしくは上る前の待ち合わせ時間にちょっと御茶したい時にピッタリのセットです!
いや~、こういう和む感じのもの大好き!
なんだか強烈に引き寄せられますね!
たまら~ん(*´Д`)

味はどうだ?

f:id:jijikokkoku:20171113071723j:plain
では早速食べてみるとしましょう~。
あ、ちなみにまんじゅうは2種類あって、「粒あん」と「こしあん」があります。
「粒あん」は茶色のまんじゅうで、「こしあん」は白いまんじゅうになります。
個人的にはどちらかというと「粒あん」派なのですが、同じ「粒あん」派の連れにもぎ取られてしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
なので、今回は「こしあん」を頂くことになりましたのです。

おっと、ここでひとつお伝えすることがっ!

コーヒーセット(お菓子付き)で頂く場合は「粒あん」「こしあん」の指定はできませんので、その点だけご注意願います。
今回はコーヒーセットを2つ頼んで「粒あん」と「こしあん」がひとつずつでした。
とはいうもののお茶菓子大好きな私は「こしあん」でも全く構いませんけどね~♪

で、お饅頭を手に持ってみると、かなりフワフワしています。
薄皮の張り具合は絶妙で、弱すぎるとこともなく持っていても破れたりすることはありません。
ずいぶん柔らかい感じではありますが、結構しっかりめなのかな?
などと、思いながらハミっと口にしてみると…。

おお!
もち~っとした薄皮の感触があり、続いて中身の柔らかい餡がぱぁ~っと広がる感じがするではないですか!
これはちょっと意外な感じです!
いや~、これ好きだな~(゚∀゚)

珈琲をブラックで飲んで、続いてまんじゅうをもち~っと…。
うーん、さすがは高尾山御用達です!
これはウケるはずです!

特に少し歩いた後だと無上の喜びを覚える事でしょう!
お茶してホッとして、甘味をハミっと口にして有意義な御茶の時間を楽しむことができますよ、これはおススメできます!

高尾山口駅を訪れる事があればぜひ!

基本情報

店舗名:(有)有喜堂本店
営業時間: 9:00〜18:00
定休日: 火曜日
住所:八王子市高尾町2302
電話:0426-61-0048